08月≪ 2017年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
2016.12/19(Mon)

ぶいさん情報

<TV>
●トニセン
・1月11日(水) 『TOKIOカケル』
・1月16日(月) 『The Covers』

●イノッチ
12月24日(土) 『華麗なる雑談〜古舘とジュニアと○○〜』(22:30〜23:55 テレ東系)


<雑誌>
●V6
・12月28日(水) 『週刊TVガイド』
・12月31日(土) 『週刊ザテレビジョン』

●トニセン
・12月23日(金) 『ポポロ』
・12月27日(火) 『BEST STAGE』

●健くん
1月12日(木) 『BAILA』
23:02  |  V6  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

●管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2016.12.20(火) 09:35 |  | コメント編集

●来月も

健くん雑誌に出るんだ(o^-^o)楽しみ!

いつも情報ありがとうございます。2017年、早く健くんに逢いたいね!
茉莉 | 2016.12.26(月) 06:15 | URL | コメント編集

琴音ちゃんへ
ご無沙汰してます。お変わりないですか?今年の北海道はかなり早く雪が降ったようですが風邪などひいてないですか?
2016年もあと一日ですね。今年もお会いする機会がなかったので残念だったのですが、今年最後のコメントとして私の2016年のⅤ6事ベスト10をお伝えしたいと思います。良かったことではなく、心が動かされたことです。お付き合いよろしくお願いします。

第一位・・・長野くん結婚
情報が流れた時、今まで感じたことのなかったドキドキ感がありました。人気グループの一員あり、女優さんと結婚となると、色々と越えなければいけない事がたくさんあったと思いますが、大切にそして大事に結婚までこぎつけた事に感動しました。正直歌番組ではそっとしておいてほしかったのですがCM中に長野くんを担ぐⅤ6の画がなんともほのぼのしていて見ている私は自然と笑顔になれました。でも、これが坂本くんだったら素直にお祝いできるかは自信ないかな。

第二位・・・マサソロミュージカルコンサート
残念ながら落選ばっかりで観にいけなかったけれど、私が一番望んでいた形のマサソロコンサートでした。できればライフワークにしてもらい、たくさんのⅤ6ファン、ミュージカルファンが何度も観れるように公演回数を増やしてもらいたいです。あ~、マサの歌声に包まれたい。

第三位・・・剛くんヒメアノ~ル
今まで剛くんのソロのお仕事は全く参加したことがなかったのですが、すごく難しい役どころを体当たりで演技されているようで、怖いけれどこれは絶対映画館で観ておかないと・・・という使命感で観に行きました。
もう観終わった時は不思議な身体の重さがあり、動けないほどの衝撃が身体中に充満した感じでした。永遠の0の時もものすごく感動があったのですが、それを超えた気持ちの持っていき方のわからなさというものがありました。剛くんは前にⅤ6の良さはわかる人だけがわかってくれたらそれで良い・・・といった感じのコメントをしていましたが、この映画はファンだけではなく多くの人に見てもらいたい、評価されて欲しいと思った映画でした。もちろん、メイキング見たさにBD買いました。

第四位・・・健ちゃん、滝沢歌舞伎でのMASKDANCE
これも観れてないのですがBDを買って観ました。初めて滝沢歌舞伎のBDを観たのですが、健ちゃんのMASKDANCEめちゃくちゃカッコ良かったです。しびれました。今まであまり観たことのない健ちゃんでした。超絶カッコ良かったです。公演が始まってすぐ骨折というアクシデントがありすごく悔しかったと思いますが、このダンスを観たときプロ根性をみせてもらったような気がします。

第五位・・・マーダ―フォートゥー
待ってました!のマサミュージカル。生マサと生歌声で贅沢な一時を過ごせたのですが役柄のせいでマサの超二枚目な歌声がほぼなかったので、あの包み込むような坂本くんの歌声が聴きたかった~。席が結構良くて舞台上の坂本くんと目線が同じくらいの良席だったのに隣で徹夜明けの華が終始爆睡していて見つけられていたらどうしよう・・・と焦りました。

第六位・・・健ちゃん、パラリンピック番組キャスター
健ちゃんの並々ならぬ努力の血しょうを毎日みることができ良かったな~。私はオリンピック観戦好きですし中でもメダル獲得時の感動が大好きな方なので、Ⅴ6の健ちゃんがパラリンピックの番組をお届けしてくれるのでなんかすごく得した気分で番組を楽しみました。この番組の番宣で健ちゃんがあさイチに出演したときも可愛かったな~。

第七位・・・ドリフェス
やっぱり観に行くことは出来なかったのですがセットリストやレポを読んでいると我らのⅤ6がいつものⅤ6でいろんな人に評価していただいて嬉しい限りでした。これがライブツアーで自分も参戦出来ていたらどんなに幸せだったか・・・といつもの恨み節チラリです。


ベスト10までありませんでしたが、岡准のエベレスト、長野くんの旅行を兼ねて愛知県まで観に行ったフォエプラ、会場が予想以上に大きくて演者さんが小さかった。
1曲でしたが新曲も発表してくれたし歌番組にもたくさん出演してくれたし、どうして歌ってくれないんだろうと思っていたfeelyour~も歌ってくれたりと色々思い出しています。
そして今夜は紅白歌合戦。数年前は、どうしてⅤ6は紅白に出れないの?と相変わらずの恨み節を言ってましたが、気がつけばもう3回目。今年はイノッチが司会ではなかったので出場できないかな、って思っていただけに決定した時は嬉しかったです。嬉しいという気持ちを健ちゃんがにこ健で伝えてくれているのも嬉しい。カウントダウンもありますし、楽しみな大晦日となりそうですね。
来年は絶対ライブ・・・やってほしいです。

以上、また長々と綴ってしまいましたが、今年一年琴音ちゃんありがとうございました。来年もよろしくお願いします。

のんのん

のんのん | 2016.12.31(土) 01:53 | URL | コメント編集

●コメントお返事

★ Secret K様(12/20 9:35)
お返事が遅くなってしまい、大変申し訳ございません…!

コメントありがとうございます。
そして非公開でしたにも関わらず、お名前を出してしまって申し訳ないです…。
今更ではありますが、今回はお名前を伏せさせて頂きました。

『海賊とよばれた男』、ご覧になられたのですね。
私はまだ観に行けていないので、どんな作品になっているのだろうと
考えてはワクワクしています。

温かいお言葉を頂き恐縮です…!
来年もマイペースに書いていけたらと思っていますので、
どうぞよろしくお願い致します。


★ 茉莉さん
お返事が遅くなってしまい、大変申し訳ございません…!

そうなんです、健くん、出るんですよ~!
「<奇跡の美肌男子>三宅健から愛あるダメ出し」という企画だそうで。
健くんが「ダメでしょ!」とぷりぷりしている姿を想像してしまって
ニヤニヤが止まりません(笑)

来年、早く健くんに逢える機会が欲しいですね!
その時が来るのが楽しみです。

今年1年ありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願い致します。


★ のんのんさん
ご無沙汰しています~。
ご心配下さり、ありがとうございます。
今年は雪の降り始めが早く、大雪にも見舞われ、なかなか大変ですが、
風邪を引くことなく過ごしています。
のんのんさんはお変わりないでしょうか?

1位の件には凄く驚きました。
正直、9年前のイノッチのときのことを思い出して、
なんとも言えない複雑な気持ちにはなりましたが…。

歌番組ではそっとしておいてほしかったですよね。
もちろん、彼らの幸せは願っているんですけど、TVなどに出ているときは
あくまでもアイドルなのですから、その話題には触れないでほしいな、と。
ただ、長野くんも他の5人も幸せそうだったのが救いだったように思います。

坂本くんのソロコンは是非とも続けていってほしいですよね!
ありがたいことに観に行くことが出来ましたが、
あんなにも素敵なものを、限られた人しか観られなかったというのが残念で…。
次は東京だけとは言わず、全国公演を行ってほしいです。

『ヒメアノ~ル』は、ホントにただただ「凄い」の一言に尽きますよね。
観終わった瞬間、知らずに詰めていた息を吐き出したのですが、
それが凄く重たいものとなっていて、衝撃の大きさを表しているようでした。

Twitterで流れてきたコメントを見ていると、
剛くんの演技が高く評価されていて、とても嬉しく感じました。
ぜひ日本アカデミー賞を獲ってほしいと切に願っています。

健くんのMASK DANCE、ホントにやばいですよね…!
いつもの可愛らしさは一切なく、ただひたすらカッコ良くて、
内心ひいひい言いながら観ていました。

私が観たときは、骨折してからそれほど日が経っていない頃でしたが、
骨折しているとは思えないほどの力強さで踊っていて…。
「あぁ、プロだ」とひどく感動しました。

『MfT』はとても楽しい舞台でしたが、私ものんのんさんと同様、
坂本くんの包み込むようなあの歌声を堪能できなかったのが残念だと感じていました。

でも、役柄によってがらりと変わる歌声を楽しめるというのは
滅多に無い経験ですし、凄く楽しかったです。
特にステフの、あの切なげな表情と歌声は、
他の作品ではなかなか楽しむことができませんからね。

確かに坂本くんは40代の男性であるはずなのに、
ちゃんと女子大学生に見えるし、女子大学生の歌声に聴こえるし…
というなんとも不思議な体験。

いつか女性目線の曲を歌ってほしい、と前々から密かに思っていたのですが、
それが叶ったような感じにも思えて嬉しかったです。

パラリンピックの番組キャスターに選ばれたことはホントに凄かったですよね。
努力は必ず報われるというのを実際に体現してくれたというか…。
日々頑張る健くんを見ていると、自分も頑張らなくては、と思いました。

ドリフェスでV6が高く評価されたこと、嬉しくて堪りません。
V6の良さや凄さは、ファンだけがわかっていればいいと思う反面、
どうして知ってもらえないんだろうと悔しく感じることもあり…。
だからこそ、こうして知ってもらえる場ができたというのは嬉しかったですね。
ただ、正直、今後のチケット戦争が怖くなってもいます(苦笑)

『紅白』、そしてカウコンが迫ってきていますね。
今年最後の6人と、来年最初の6人を楽しみましょう!

こちらこそ、今年1年ありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願い致します。
琴音 | 2016.12.31(土) 18:08 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |