09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2015.03/29(Sun)

CLUB ZEPP 2015

25日にZEPP SAPPOROで開催された
「CLUB ZEPP 2015 VOICE OF NIGHT」に行っておりました。
随分前にブログでもちらっと書いたと思うのですが、
札幌のラジオ局が主催のライブです~。

出演者はゴスペラーズ、BENIさん、クリス・ハートさんの3組。
ゴスは何度かライブに足を運んでいますし、
日頃から曲を聴いていますけど、BENIさんやクリスさんに関しては
ライブで歌声を聴くのは初めて。
さらに、BENIさんに関しては、歌声自体を聴くのが初めてでして。
一体どんな歌を歌うのだろう、歌声はどんな感じなんだろう、と楽しみでした。

いやぁ~、ホントに凄く楽しいライブでした!
BENIさんもクリスさんも歌が上手すぎる!(ゴスは言わずもがなw)

BENIさんは凄く可愛い方で、登場された瞬間、
思わず「可愛い~」と言ってしまいました。
足が綺麗だし、匂いが凄く良いし…っておっさんか、私は(笑)

すらっとした美人さんでしたが、歌声は見た目と違ってとてもパワフルで。
高音も綺麗だったな~。

クリスさんは、TVで何度か歌声を耳にしていますけど、
感じていた通り、透き通った美しい歌声で、これまた素敵でした!
ただ綺麗なだけじゃなくて、温かみも優しさもあって。
だからバラードがよく合うんですけど、アップテンポの曲も良かったです~。

ゴスについては…追記に書くことにします。
セトリも併せて追記に書いておこうかな。

【More・・・】







【セットリスト】
※BENIさんのセトリについては、こちらを参照しました→TEAM BENI
クリスさんのセトリについては覚えている限りで書いたので、
全然自信が無いです…すみません…。

●BENIさん
Kiss Kiss Kiss
永遠
さつきあめ
もう二度と…
LA・LA・LA LOVE SONG
フォエバ。

●クリス・ハートさん
最後のラブレター
ハローハロー
I LOVE YOU
Stay With Me

うれしい!たのしい!大好き
まもりたい~magic of a touch~
続く道 with ゴスペラーズ

●ゴスペラーズ
1,2,3 for 5
約束の季節
ひとり
永遠に(feat. BENIさん)
侍ゴスペラーズ
SING!!!!!
Promise -a cappella-

<アンコール>
You've Got A Friend(3組で熱唱)


BENIさんの『LA・LA・LA LOVE SONG』は、久保田利伸さんの曲を
英語でカバーしたものでした。
「一緒に歌ってね」と言われたものの、英語なので一緒に歌えず…悔しい(笑)

この曲の他にも、いろんな男性アーティストの曲を
英語でカバーされているそうで。

そのため、今回、ゴスと一緒に歌った『永遠に』は、
1番を英語で歌い、そのあと、改めて1番から日本語で歌うという、
面白い形のコラボとなっていました。

英語の『永遠に』は凄くカッコ良かったんですが、
なんだか聞き慣れない曲に聞こえて、とても不思議でした(笑)

クリスさんが歌われた『Stay With Me』は、サム・スミスという方の曲を
日本語でカバーしたものでした。
ようつべで探したら、動画が見つかりましたが、CHAGEさんも歌われてるんですね。
そうか、だからMCでクリスさんがCHAGEさんのお名前を出したのか!←
いや、スピーカーがすぐ傍にあったせいで、時折、聞き取れなくて…(苦笑)

『続く道』は、先日発表されたゴスとのコラボ曲で、なんと今回、初お披露目!
音源自体、まだどこでも解禁されていなかったはずなので、
ホントのホントに初お披露目なのでした。

歌う前のMCで、安岡さんが「レコーディングしたのが2週間くらい前」と
言っていたくらいですからね…いやはや、貴重な体験をしました。

新曲のライブ初お披露目という場に立ち会うのは、
Voyagerコンの『way of life』のとき以来でしたね~。
あのときは、「なんでスーツ?まさか…?」とドキドキしたものでした。

ちなみに『続く道』の初お披露目ということで、東京からもメディアが来ていたそうで。
試しに翌朝の『めざましテレビ』を録画してみたら、
このときの様子が放送されていました。

そして、客席にいた私がちゃっかり映っていました←
最前列にいたもので…えへへ。

『続く道』に関して他に話していたのはどんなことだったかな…。

打ち合わせで、クリスさんが熱く語ってくれるばかりでなく、
何度も歌って聴かせてくれたそうで、その熱量に
村上さんが良い意味で「いやいや、そこまでしなくても」
みたいなことを感じたとかなんとか。

クリスさんは当初、1人で『続く道』を歌ってみたけど、
1人だと寂しいな、これにゴスの歌声があったらいいなぁ、
なんて思って、ゴスにオファーを出したとか。

黒沢さんとクリスさんがカレーなる会議(笑)を知らない間に開催してたけど、
実はこのとき、黒沢さんはまだコラボのことを知らされていなくて、
クリスさんに「よろしくお願いします!」と言われても、
「え?ああ、ああ」みたいな感じだったとか(笑)

覚えている限りではこんな感じかなぁ。

さて、ゴスに関する感想を…。
全国ツアーの真っ最中でお疲れでしょうに、とてもパワフルでした!
おかげさまで、たくさん元気を貰えましたよ~。

ライブを主催したラジオ局には、デビュー当時からお世話になっているとかで、
村上さんが何度も「ありがとうございます!」と言っていたのが
なんだか面白かったです(笑)

ヨイショと言ってしまえばそれまでなんですけど、
あそこまで見事に、わかりやすく何度もヨイショされると、
いっそ面白くなってくるという不思議w

もちろんヨイショというだけではなく、感謝の気持ちも
たくさん込められているのでしょうけどね。

メンバーがそれぞれ自己紹介もしてたんですよ。
村上さんは「20年間、リーダーをやっています」と言い、
安岡さんは「20年間、最年少をやっています」と言っていたかな。
それを聞きながら、V6のリーダーと最年少を思い出したのはここだけの秘密w

あ、V6のことを思い出したと言えば。
今回のライブには司会の方がお二人いらしたんですよ。、
ライブ前に登場アーティストを紹介して下さったんですが、
ゴスのことを「熟してる」と言っておられまして(笑)

また、BENIさんが「今日は最後まで楽しんでいってね」といった挨拶をしたあと、
「私のあとにはソウル兄さんやソウルおじさんたちが…」って仰ったんですよ。

「熟してる」だの「おじさんたち」だの、それって同じく
20周年を迎えるV6にも当てはまるじゃないの!
…なんて思ってニヤニヤしそうになってました(笑)

他に思い出せることと言えば…札幌に初めて来たとき、
黒沢さんが高熱を出していたと話していたかな。

それから、デビュー曲のプロモーションを行なったとき、
地方でプロモーションをするのは札幌が最初だったとか。

このときはまだマネージャーさんがいなかったので、
自分たちだけで札幌に移動したそうですが、まあ見事に寝坊したらしく(笑)
ソニーミュージックの支社(?)まで走り、エレベーターに駆け込んだ5人。
エレベーター内に響く、黒沢さんの「ぜえぜえ」という荒い呼吸(笑)

北山さんが「あのときの黒沢さんの『ぜえぜえ』は絶対忘れないよね」
と言っていたくらいなので、よほど凄かったんだろうと思います。

あと、途中で村上さんが客席を煽ったんですよ。
と言っても、ただ「楽しいかー!」と叫んで煽るのではなく、
歌いながら煽るという、なんともゴスらしいものなんですが。

その煽りの中で、外は寒いけどここはあったかい、みたいなことを
言っていたと思うんですけど、その「あったかい」が
クマムシの「あったかいんだからぁ~」風でした(笑)
村上さんアレンジになっていて、最初の「あ」の音がめちゃくちゃ高いっていうw

確かこの「あったかい」のネタはもう1回くらい出てきてたんですよね。
そのとき、黒沢さんがあの「あったかいんだからぁ~」の動きを
こっそりやっていたのを私は見逃しませんでした。
あれは凄く可愛かった…!

可愛いと言えば、『1,2,3 for 5』のダンスの中に、
メンバーがペアになって、円を描きながら移動する振りがあるんですよ。
一歩一歩ステップを踏みながら動きつつ、
ハイタッチする黒沢さんと安岡さんが可愛すぎて可愛すぎて…!

『1,2,3 for 5』はファンもできるような振付になってまして。
ただ、私、はっきりと振付を覚えていなかったんです←
なので、目の前にいた黒沢さんを見ながら踊りました。
余談ですが、Vコンで『グッデイ』をやるときも、メンバーを見ながら踊ってます←

『約束の季節』と『侍ゴスペラーズ』はライブでは初聴きだったのですが、
どちらも聴きたいと思っていた曲だったので、とても嬉しかったです。

特に『侍ゴスペラーズ』はやばすぎる…!
めちゃくちゃテンションが上がっちゃいました。

歌がそもそもアップテンポでノリの良い曲なので、
聴いているだけでノリノリになれるというのもありますが、
メンバーがステージの一番手前のところまで来てくれたおかげで、
「ひいいいい近い近い近い!!」というのも今回ありまして。
それで、かなりテンションが上がったという。

最前列ってやばいですね、死んじゃいますね←

『ひとり』や『永遠に』はもう何度も聴いていますけど、やっぱり良い曲だなぁ、と。
『ひとり』は5人だけで歌っているはずなのに、
なぜか5人で歌っているようには聴こえなくて…。
それだけ、彼らの歌声が分厚いんですよね。

こんな感じでしょうか。
あ、最後の『You've Got A Friend』は3組で歌ってましたが、
3組の歌声に圧倒されました…ホント凄かったです。
何かの機会に、またコラボしてほしいなぁ。

以上、覚書&感想でした。
17:26  |  ゴスペラーズ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |