09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2015.03/01(Sun)

にこ健゜ その298

にこ健゜の感想の前に。

准一くん、日本アカデミー賞の最優秀主演男優賞と
最優秀助演男優賞のW受賞、ホントにおめでとうございます!

私は健くんと違って、オンタイムで見ることは出来ず。
録画しておいたものを今日チェックしました。

涙ぐみながら、一言一言発していく准一くんを見ながら、
私も泣きそうになってしまいました…。
あぁ、ホントに良かったなぁ、って。
健くんもにこ健゜に書いていましたが、まさに、努力が実を結ぶって
こういうことなんだなぁ、と思いました。

そして今日のにこ健゜ですよ!
温かいお祝いの言葉に、やはり泣きそうに…。

そういえば健くん、以前、『少クラ』に出たときに、
准一くんのことを「努力型」だと言っていましたね。
今回の「努力が実を結び」という箇所を読んで、そのことを思い出しました。

准一くんの努力を、健くんやメンバーはずっとずっと見てきていて。
だからこそ、今回の受賞はメンバーにとっても
非常に嬉しいものになっただろうなぁ、と。

…でも。

きっと准一くんは、5人にとってはいつまでも“ただの『おかだ』”なんでしょう。
健くんは「僕にとって」と書いていますけど、
そこは「5人にとって」と書き換えても問題ないと思います。

メンバーがそういうスタンスでいるということは、
准一くんにとって、とても重要であり大切なことではないかな、と。

帰る場所がある。
変わらぬスタンスで受け入れてくれる人たちがいる。
このことは、凄く大きな支えになっているんじゃないかと思っています。

また6人だけでお祝い会とかやるのかなぁ。
是非ともやってほしいな。

さて、今回のタイトルは「夏のかけら」。
この頃の准一くんは、自分が日本アカデミー賞でW受賞することなんて
夢にも思っていなかったでしょうね。
初々しい彼の姿を見るには持って来い、ということでしょうか(笑)
23:53  |  健くん  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

本当に准くんの受賞のスピーチに涙しました。
そして健ちゃんの言葉。
V6のメンバーの支えと応援があったからこその准くんの偉業。
V6ってなんて素晴らしいグループなのでしょう。
メンバー同士が尊敬しあって、お互いを尊重しあって。
V6ファンでよかったなあと改めて思います。
准くんは20周年ライブの前に過酷な撮影がありますが、終わったら思い切り末っ子する姿を見せてほしいですね!
准くんだけじゃなくてメンバーみんなもソロでの活動。
健ちゃんの手話続投、本当に嬉しいです!
TVでのドラマもまたやってほしいですね!
tomoko | 2015.03.02(月) 01:41 | URL | コメント編集

●コメントお返事

★ tomokoさん
ホント、素敵なスピーチでしたね。
今の准一くんだからこそ出来るスピーチだったように思います。

メンバーの支えと応援は、凄く凄く大きかったでしょうね。
「芝居に気持ちがいったときも、メンバーは
それを許して応援してくれた」
といったことを話していたとネットのニュースで見ましたが、
そのこともまた、准一くんにとって大きなことだっただろうと思います。

メンバーも、准一くんが一生懸命やっていることをわかっているからこそ、
温かく応援し続けてきたんでしょうね。
ああ、ホントに良いグループですね。
私も、彼らのファンで良かったと思います。

帰ってきたら間違いなく末っ子全開になる気がしています(笑)
たくさん甘えてほしいですね。

『みんなの手話』続投、嬉しくて堪りません!
4月からの楽しみができて、ワクワクしています。
ドラマもやってほしいですね〜。
ぜひぜひ、素敵なオファーがありますように。
琴音 | 2015.03.02(月) 22:43 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |