05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2017.06/25(Sun)

6/17~6/18の旅行記

先週の『君が人生の時』観劇の際に巡った場所について
こちらに記録しておこうと思います。

坂本くんがOne Dishで行ったお店を巡ったり、
美味しいご飯のあるお店に行ったりと、
観劇以外の部分も楽しんできました。

まずは6/17から。
お昼は「MIX'n'MATCH CAFE」にて食べました。
ナンピザのあるお店ですね。
生ハム&ベビーリーフ
(※クリックで拡大)

続いては「RINGO」にてアップルパイを購入。
RINGOのアップルパイ(袋)
(※クリックで拡大)
RINGOのアップルパイ
(※クリックで拡大)

アップルパイはイートインではないため、どこか食べられる場所が無いかと
池袋駅周辺をフラフラ。
少し離れた所に公園があったので、木陰に座ってパイを味わいました。

パイを堪能したあとは東武百貨店池袋店へ。
ここであるものを購入したのですが…それはあとのお楽しみ。

その後、ホテルでチェックインして、新宿で友人と合流。
それから初台へ向かい、『君が人生の時』を観劇しました。

観劇をしたあとは、新宿駅内にあるお茶漬けのお店でご飯を食べました。
(写真を撮り忘れました…)
優しい味に癒されました。

ホテルに戻ってからは、東武百貨店で購入したものを持って、
友達の部屋へ突撃!
2人でこちらを楽しみました。

ケンズカフェ東京の特選ガトーショコラ(箱)
(※クリックで拡大)
ケンズカフェ東京の特選ガトーショコラ
(※クリックで拡大)

ケンズカフェ東京の特選ガトーショコラです!
土日祝日は店舗がお休みなのですが、一部の百貨店では買えるのです。

これを買うとき、内心「ケンだってケン、うふふ、恋弾♪」と思っていたのですが、
友人にも「恋弾だね!」と言われて、ニヤニヤしちゃいました。

重たいのかなぁと思ったら、凄く美味しいし、重たくもないし…ということで
わりとさくさく食べてしまいました。
高いけど、機会があったらまた食べたいなぁ。

さて、続いては6/18の分。
こちらはOne Dishはまったく関係ありません(笑)

朝は「おだし東京」で朝飯セットを食べました。
お味噌汁はなんと、オマール海老のお味噌汁なんです!
オマール海老の味噌汁
(※クリックで拡大)

朝から身体に染み入る~。美味しい~。
ホントは友人と「ホテルバイキングに行こう!」と話していたのですが、
品川駅でたまたまこのお店を見つけたので、入ってみることにしたのでした。

その後、開場までまだ時間があるということで、ロクシタンカフェへ。
ハニーレモンティーソーダと、マンゴーのティラミスを堪能。
ハニーレモンティーソーダ
(※クリックで拡大)
マンゴーのティラミス
(※クリックで拡大)

甘いものでお腹をさらに満たしたあと、初台へ向かい、
『君が人生の時』を観たのでした。

ざっくりではありますが、2日間の旅行記でした。
スポンサーサイト
22:08  |  その他  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
2017.06/25(Sun)

君が人生の時

すっかりご無沙汰してしまいました。

さて、6月17日と6月18日に『君が人生の時』を観劇しました。
2回観てきたのですが、1回目は台詞がよく聞き取れない部分もあり、
頭の中がクエスチョンマークだらけ(笑)
2回目では、1回目のときに聞き取れなかった部分がちゃんと聞き取れたので
1回目よりはまだ少し理解できたかなぁ、という感じです。

色々と考察できる作品だろうとは思うのですが、
考察できるところまで理解しきれていないんですよね…(苦笑)
こんなことなら、高校のときに世界史取っておけば良かったのかなぁ。
(地理か世界史かで地理を取ったので)
そしたら、もう少し理解できたのかしら。

でも、理解しきれていないとは言え、作品がつまらなかったかと言うと
そんなことは全くありませんでした。

2回とも2階席から観劇したのですが、酒場での1日を
傍観できるような感覚で観ることができ、
「ああ、たった1日の間に色々な人の人生が交わってる。面白いなぁ」と感じました。

彼らにとっては、あの1日は長い人生のうちのほんの一部でしかありませんが、
それもまた大切なひと時であるわけで。
もしかして「君が人生の時」というタイトルには
そういう意味も含まれているのでしょうか。
勝手な憶測でしかないですが。

さて、坂本くんですが。
今回感じたのは、彼の声が凄く良いということ。
なんだか、これまで以上に、声に表情があると感じられたんですよね。
もちろん今までもそれは感じていましたが、
今回はそれがさらに強く感じられた気がしました。

また、艶っぽい声が、ジョーの雰囲気にとても合っていて良いなぁ、と。
聞いているとドキドキするようで、でも落ち着くような感じもある…。
そんな不思議な艶っぽさがあるというか。

2階席だったのと、私の視力の問題で、あまり表情が見えなかったのは残念でした。
そろそろ眼鏡かコンタクト作らなきゃダメかしら。
目に異物が入るのが嫌いなので、きっと眼鏡だな…。

話は戻りまして。
坂本くん以外のキャストの方々もホントに素敵だったのですが、
特にニックがカッコ良かったんですよね〜。

懐が広い兄貴肌というか。
それでいて、お母さんにはちょっぴり弱くて、
娘さんにはもっと弱いというのが可愛らしい。

ネタバレにはならないと思うので書きますが、
カーテンコールの際、ニックと娘ちゃんが手を繋いでいるのが可愛くて!
客席に向かって、娘ちゃんに手を振らせるのも可愛くて!
あまりの可愛さに悶えてしまいました(笑)

また7月にも観劇するので、そのときもニック親子をしっかり見てこようと思います。
あ、もちろん坂本くんも見ますよ!

さて、この舞台、約3時間という長丁場であるため、
劇場でクッションを貸し出しており、
借りた方がいいですよ、と事前に教えて頂いていたので借りまして。
実際、借りて大正解でした。

『ブエノスアイレス午前零時』を観たときもそうだったのですが、
観ているうちにおしりが痛くなるんですよね(苦笑)

あれは何でなんだろう…最初は大丈夫なのに。
青山劇場みたいにふわふわな椅子に変えてくれないかな、と密かに思ったり。

そうそう、話は変わりますが。
6月18日の公演は、記録のために映像を撮影していたそうです。
(劇場内にお知らせが貼ってありました)

記録のためと言わず、販売のためでもいいのよ、と思いましたが
販売しても売れ行きがどうなるかわからないし、
厳しいかな…というのが正直なところです。

だからというわけでもないですが、7月の公演も
大事に観たいな、と思っています。
00:22  |  坂本くん  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。