05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
2017.06/25(Sun)

君が人生の時

すっかりご無沙汰してしまいました。

さて、6月17日と6月18日に『君が人生の時』を観劇しました。
2回観てきたのですが、1回目は台詞がよく聞き取れない部分もあり、
頭の中がクエスチョンマークだらけ(笑)
2回目では、1回目のときに聞き取れなかった部分がちゃんと聞き取れたので
1回目よりはまだ少し理解できたかなぁ、という感じです。

色々と考察できる作品だろうとは思うのですが、
考察できるところまで理解しきれていないんですよね…(苦笑)
こんなことなら、高校のときに世界史取っておけば良かったのかなぁ。
(地理か世界史かで地理を取ったので)
そしたら、もう少し理解できたのかしら。

でも、理解しきれていないとは言え、作品がつまらなかったかと言うと
そんなことは全くありませんでした。

2回とも2階席から観劇したのですが、酒場での1日を
傍観できるような感覚で観ることができ、
「ああ、たった1日の間に色々な人の人生が交わってる。面白いなぁ」と感じました。

彼らにとっては、あの1日は長い人生のうちのほんの一部でしかありませんが、
それもまた大切なひと時であるわけで。
もしかして「君が人生の時」というタイトルには
そういう意味も含まれているのでしょうか。
勝手な憶測でしかないですが。

さて、坂本くんですが。
今回感じたのは、彼の声が凄く良いということ。
なんだか、これまで以上に、声に表情があると感じられたんですよね。
もちろん今までもそれは感じていましたが、
今回はそれがさらに強く感じられた気がしました。

また、艶っぽい声が、ジョーの雰囲気にとても合っていて良いなぁ、と。
聞いているとドキドキするようで、でも落ち着くような感じもある…。
そんな不思議な艶っぽさがあるというか。

2階席だったのと、私の視力の問題で、あまり表情が見えなかったのは残念でした。
そろそろ眼鏡かコンタクト作らなきゃダメかしら。
目に異物が入るのが嫌いなので、きっと眼鏡だな…。

話は戻りまして。
坂本くん以外のキャストの方々もホントに素敵だったのですが、
特にニックがカッコ良かったんですよね〜。

懐が広い兄貴肌というか。
それでいて、お母さんにはちょっぴり弱くて、
娘さんにはもっと弱いというのが可愛らしい。

ネタバレにはならないと思うので書きますが、
カーテンコールの際、ニックと娘ちゃんが手を繋いでいるのが可愛くて!
客席に向かって、娘ちゃんに手を振らせるのも可愛くて!
あまりの可愛さに悶えてしまいました(笑)

また7月にも観劇するので、そのときもニック親子をしっかり見てこようと思います。
あ、もちろん坂本くんも見ますよ!

さて、この舞台、約3時間という長丁場であるため、
劇場でクッションを貸し出しており、
借りた方がいいですよ、と事前に教えて頂いていたので借りまして。
実際、借りて大正解でした。

『ブエノスアイレス午前零時』を観たときもそうだったのですが、
観ているうちにおしりが痛くなるんですよね(苦笑)

あれは何でなんだろう…最初は大丈夫なのに。
青山劇場みたいにふわふわな椅子に変えてくれないかな、と密かに思ったり。

そうそう、話は変わりますが。
6月18日の公演は、記録のために映像を撮影していたそうです。
(劇場内にお知らせが貼ってありました)

記録のためと言わず、販売のためでもいいのよ、と思いましたが
販売しても売れ行きがどうなるかわからないし、
厳しいかな…というのが正直なところです。

だからというわけでもないですが、7月の公演も
大事に観たいな、と思っています。
00:22  |  坂本くん  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2017.06/14(Wed)

プロデュース曲

『The ONES』は、収録曲全てのMVがついたり、制作陣が豪華だったりと
話題が盛り沢山なアルバムですが、注目ポイントがもう1つありますよね。

メンバーそれぞれが楽曲プロデュース!

歌割りとかMVとか諸々をプロデュースするということで、
6人それぞれの個性あふれる楽曲たちが
出来上がりそうでワクワクしています。

『The ONES』は「個と個の集合体が幾つも合わさって
完成したアルバム」と公式サイトに書かれていましたが、
個々にプロデュースする楽曲が集まっている、という点も
「個と個の集合体が幾つも合わさって」という箇所を
表しているようだと感じました。

で、プロデュース曲のタイトルも発表されているわけですけども。
このタイトル…もうその人らしさが表れすぎてて
思わず笑ってしまいました(笑)

タイトルも自分たちでプロデュースしたのかはわかりませんが、
「この人ならこういうタイトルつけそう~!」と思えるタイトルだな、と。

イノッチの『レッツゴー6匹』もだいぶ面白いんですけど、
一番笑ったのは『刹那的Night』でした(笑)

なんというか「The 岡田准一!」という感じがし過ぎてて、このタイトル(笑)
『Shall We Love?』みたいなニオイがぷんぷんする!みたいな(笑)
実際は『Shall We Love?』のような曲ではないと思いますが……多分。

あ、笑ったって言っても、馬鹿にしているわけではありません。
先程も書きましたが、「その人らしさ」が前面に出すぎていて、
それが愛おしく感じられた結果、妙に笑えてしまうというだけなんです。

この「その人らしさ」というのを良い意味で裏切ってくれるのか、
はたまた「やっぱりその人らしい!」と納得させられるのか。
そこもまた楽しみです。

ところで、彼らはそれぞれの楽曲について、
どういう想いでプロデュースしたんでしょう。
是非とも知りたいので、何らかの媒体で話してほしいですね。

こういうことを聞いて下さるのは『月刊Songs』なんだよなぁ~!
『月刊Songs』の担当者様、何卒よろしくお願い致します…!
23:01  |  V6  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2017.06/13(Tue)

New Album

8月に新しいアルバム『The ONES』が発売されることになりましたね!

今朝のワイドショーでは、収録曲のMVが解禁されてましたが、
道路に横並びになって歩く姿を見て『Voyager』のMVを思い出しました。

今回は全曲のMVがつくということで。
楽曲提供をしてくださる方々も凄いですし、
こんなに豪華でいいのかな、とドキドキしちゃうほどです(笑)

店舗特典はトートバッグとか缶ミラーとかステッカーとか色々あるので、
今回は3形態ともバラバラのところで注文しようかと悩んでます。
早く絵柄が発表にならないかな〜!
18:36  |  V6  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2017.06/11(Sun)

TVガイドPERSON

『TVガイドPERSON』が我が家に届きました。

Twitterで公式アカウントが裏話を流してくださっていたんですが、
その裏話がもう、もう…!
萌えをこれでもかというくらい詰め込んだ裏話になってまして!

はて、実物は一体どのようなことになっているのかと思いきや、
お写真もテキストも全て素敵すぎて、倒れそうになりました。

あまりに良すぎて、心の中で「ぎゃあああ!」と大絶叫です。
東京ニュース通信社様には足を向けて寝られません。
とんでもなく素敵なものを世に送り出してくださり、
ホントにありがとうございます…!

日常のひとコマを切り取ったような写真ってずるいですよね…。
なんでこんなに萌えるんでしょうね…。

以前、『TOKYO ViVi』という雑誌に健くんが載ったときも
健くんの日常を切り取ったかのような写真でしたが、
あれも物凄く萌えたんですよね~。

もちろん、今回も『TOKYO ViVi』も、写真の雰囲気が
とても良いというのが前提としてありますが。

あと、坂本くんのビジュアルが良い!
前髪が少し多めな感じというか、がっつり分けられていない感じが
凄く好きなんですよ、私。

坂本くんって意外とおでこが広いと思うので、
あんまりがっつり前髪を分けちゃうと、
私の中ではちょっと残念な見た目になってしまうんです。
(あくまで私の中では、ですが)

だから今回みたいに、分けるにしても少しだけ分けているのが
ちょうどベストではないかと常々思っていまして。
いやもう、今回の前髪の感じなんてドンピシャですよ。
ずきゅーんときちゃったわけですよ。

そこでヘアメイクさんを確認してみたら、「あぁっ、やっぱり!」と納得。
いつもいつも、私が「好きな雰囲気だなぁ」と思ったときは
必ず惣門さんがヘアメイクを手掛けておられるので…。
だから今回も「もしや?」とは思ったんですよね。

Twitterでの裏話によると、寝起きをイメージした場面での髪型は

坂本くん「今日は(セットに)全然時間かかってないもんね。
(ヘアメイクさんと)話し合ってもいないです(笑)」
取材秘話⑦より引用)

とのことですが(笑)
でも、他の場面の髪型はきっと話し合って決めたのではないかと。

寝起きの場面の髪型も好きですが、他の場面の髪型も好きです。
つまり全部好きです。

もちろん好きなのは髪型だけではありません。
なんですか、この可愛らしいお方は…!
クロワッサンをくわえているときのお顔!
可愛すぎて腹が立つ!(笑)

4ページの正面を見つめるキリッとしたお顔も好きですが、
横顔フェチなワタクシは、5ページ左下の写真に心を射抜かれました。

6~7ページの角度も好きです。
特に、6ページの方にはやられました…。
このお顔の角度と首から胸元までのラインが堪りません!

ページを捲る度に素敵な写真が出てくるものですから、
いちいち「ぎゃあああ!」となって、見終わるまで大変でした(笑)

それとインタビューの方も凄く良くて。
なかなか聞けないであろうことまで質問してくださっていて、
読んでいてとても楽しかったです。

特に、哲学的なことなんてこういう機会でもない限り、
滅多に聞くことは出来ませんからね。
「そういうふうに考えているんだ」とわかって面白いな、と。

もちろん、『君が人生の時』に関する話も面白かったです。
少しだけネタバレが含まれていましたが、
私自身はネタバレを気にしないタイプなので問題なし。

それにしても、インタビュアーさんって先に台本を読めるんですね!
なんと羨ましい!
読んでおかないと仕事にならないというのはわかっていますが、
それでも羨ましいと思ってしまうんですよね。

今回は特に、台本が難しいという話が何度か出てきているので、
もしも可能ならば、先に台本を読ませて頂いて
ある程度、話の流れを頭に入れた上で観たいな、と(笑)
その方が、より理解が深まって面白いんじゃないかなぁって。
まぁ、現実にはそんなこと不可能なんですけど。

今回のインタビューを読んだら、舞台がますます楽しみになりました。
早く観に行きたいな~!
22:25  |  坂本くん  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
2017.06/10(Sat)

スペシャルパフォーマンス

先日、トニー賞の生中継放送の際、坂本くんと井上芳雄さんが
スペシャルパフォーマンスを披露することが発表されましたね。

出演が決まったときに「歌唱する」と報道はされていたので
何を歌うのかと楽しみにしていたのですが、まさかデュエットとは…!
ますます楽しみになりました!

お二人が披露するのは『ララランド』の曲だそうで。
『ララランド』は観てないんですよね、私。
だからどんな曲なのかはわかりませんが、知らない方が楽しかったりもするので、
このまま放送日をワクワクしながら待つことにします。
と言っても、リアタイできるわけではありませんが。

それにしても、ミュージカルでの坂本くんの歌と踊りが
まさかTVで見られる日が来るなんて!

もちろん舞台上で歌い踊る姿を一番見たいとは思いますが、
それは記録には残りませんからね…。
だからこうして、記録として残せる媒体で見られるのが嬉しくて堪りません。

見たいと思ったときに見返せる。
ああ、嬉しい。
ホントに嬉しい。
もう「嬉しい」という言葉しか出てきません。

あ〜、楽しみだ〜!!
23:12  |  坂本くん  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2017.06/05(Mon)

お譲り先が決まりました

TOPに出させて頂いていた『君が人生の時』のチケットのお譲り先ですが、
無事に全て決まりましたので、該当記事は削除致しました。
目を通してくださった皆様、ありがとうございました。
19:28  |  その他  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2017.06/04(Sun)

手首

今日のにこ健゜は19時頃に更新されていたとか?
(Twitterでそう呟いている方がいらっしゃいました)

「『みんなの手話』の放送前に上手く更新されるように!」と
考えながら書いて送信したのかなぁ。
もしそうなら、その気持ちだけで嬉しくなっちゃいますよね。

『みんなの手話』は基本的に録画しておいて、
あとでゆっくり見ることにしていまして。
ただ、たまーにちょっとだけチャンネルを変えて、
健くんの姿をちらっと見ることもあるんです。

今日はちらっと見たんですよ。
そしたら、真っ白なお召し物を着た健くんの姿が。

えっ…天使…?(真顔)

そう思ってしまうくらい素敵でした~!
私の勝手なイメージですけど、健くんってホント白がよく似合うな、と。

季節柄、お衣装の袖が短めなものとなっているわけですが、
そうすると、健くんの細い腕や手首が見たい放題。
いやぁ~、なんて良い季節でしょう!(笑)

骨格の問題かと思いますが、健くんの身体は全体的に
わりとしっかりしてるというか、がっちりしているな、と。
水泳などをやっていた影響もあるのかしら。

でも、そのわりに細いんですよね~。
がっちりしていながら細いって、なんか矛盾しているように感じますけど、
健くんだとそれが成立してしまう不思議…。

今日も、『みんなの手話』で映った手首を見て
「細っ!!」と思わず声を上げてしまうほど細かったです。

細くて美しい、手首から肘までのラインが堪りません。
特に今回の衣装だと、それが際立つように感じられました。
なんででしょう…袖が広がっているから?

あと、今回の衣装は首回りの見え方も絶妙で…!
何が絶妙って、色っぽさ?(おい)
首から肩にかけてのラインが少しだけ見えるのって
妙に色っぽく思えるのは私だけでしょうか。

コンサートのときも、ああいう絶妙な見え方になる
衣装を着てくれないかしら。
でも、ガード堅そうだもんなぁ。

それに、もしああいう見え方になる衣装を着られたら、
ドキドキしすぎて持ち堪えられそうにないので、
やっぱり普通の衣装が良いのかもしれません(笑)
23:25  |  健くん  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2017.06/04(Sun)

君が人生の時のチケット

現在、トップに『君が人生の時』のチケットお譲り記事を掲載してます。

当初は2枚でお譲り先を探していましたが、この度、1枚はお譲り先が決まったため、
お譲り枚数を1枚に変更致しました。

引き続き、残り1枚のお譲り先を探しています。
お心当たりのある方は、該当記事にコメント頂けますよう、
よろしくお願い致します。
また、ご質問などありましたら、お気軽にご連絡ください。
14:07  |  その他  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2017.06/03(Sat)

Soul Renaissance

昨日は札幌、今日は旭川と2days行われたゴスペラーズのライブツアー。
その2日間とも行って参りました!

もうとにかく最高に楽しくて楽しくて!
2時間45分があっという間でした。
気付いたら終わってたなんて信じられない…。

ぶいゴスファンゆえに、ライブを見ながら
「あ、これはVコンっぽい」なんて思ってしまう箇所もあったりして。
そんな楽しみ方してる人、なかなかいないと思いますが(笑)

改めて、ライブって良いなぁと感じました。
生の歌声を、ダンスを堪能できる。
これほど贅沢なことって無いですね。

ゴスはわりと毎年ツアーをやってくれるのですが、
今回は最後のツアーから間が空いていて、
約2年ぶりのツアーだったんです。

あれ?2年ぶりのツアーってどこかで聞き覚えがあるぞ?(笑)

2年ぶりだからか、客席の熱量が凄い!
今日なんて「圧が凄い」とメンバーに言われていたほど(笑)

同じく2年ぶりのツアーを行うV6のライブも、
きっと物凄い熱量と圧になるだろう、と内心ニヤニヤしてました。

あ〜、それにしてもホントに良いライブだったな〜!
こんなにも熱を感じられるライブなんて無いもんな〜!

ゴスで蓄え、ゴスに煽られたこの熱をVコンにぶつけたいぞー!
どうかチケットが当たりますように!

……その前に申し込まなくては。
21:20  |  ゴスペラーズ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2017.06/02(Fri)

サタジャニ

明日はサタジャニに坂本くんが登場しますね!

またぺちょとのツーショットを載せてくれないかなぁ。
前に載ったやつ、可愛かったんだよなぁ。

あとは、恒例の6人ショットも楽しみですね!
今回はどんなふうに抱えられるのやら(笑)

実は私、明日は旭川に行くんです。
ゴスペラーズのライブが旭川で行われるので。
(今日は札幌。もちろん行ってきました!)

旭川に行く前に、買うのを忘れないようにしないと。
明日は楽しみだらけだ〜!
22:45  |  坂本くん  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |